ロルファー212のあんなことこんなこと ~日々の小さな楽しみを見つけよう~

Rolfingは身体へのコーチング。 身体と心は切り離すことはできない一体のもの。 まず、自分がどうなりたいかが大切。それに近づくことは何歳からでも出来るもの。そんな気持ちでRolfingをしています。ロルフィングの詳細は http://rolfing-wakaba.com まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パソコンとの付き合い方

仕事でパソコンを使わない業種って何だろう?と考えても思いつかない程、人々の仕事(生活)にパソコンは浸透しています。

身体のバランスを見るロルフィングの視点から言えば、パソコンが身体に与える良い影響はほとんどありません。

でも、使いますよね。仕事でも、他の人とのコミュニケーション、情報収集。
もちろん、そんな私だって・・・

でも、今少しの環境を変えるだけで、パソコンの使用によって生まれている身体の辛さは解消出来るものも多いですよ。

例えば・・

液晶画面の高さを変える。
目の高さに上げることで、首にかかる負担はぐっと減ります。

目で見ようとしない。
私たちは眼球で物を見ている訳ではありません。
眼球の中のレンズを通して、脳の後ろ側にある視覚野で見ています。
目で見ようとすると目の周りは緊張するし、眼球神経に大きな負担がかかります。
目はただのレンズだと思って優しい視線で目にものを映してあげると、緊張は大分和らぎますよ。

マウスは肘で動かす。
マウスを持っているその右手、手首だけでコントロールしてますよね。
肘を常に身体の前側。また肘をつきっぱなしで肩は前に出ている姿勢が長時間にわたっている人は多いです。
マウスを持ったら、肘を引いたり出したりしながら、肩から動かしてみてください。
机に寄りかかった姿勢ではなかなか出来ません。肩や背中に掛かる負担の違いに気が付きますよ。

キーボードは自分の近くに。
キーボードが遠いと自然と肘は机の上に。キーボードを自分に近い所に置いて、肘を机と自分の間で降ろしてみると、肩甲骨も降ります。肩甲骨が下りている時は肩も降りています。いわゆる肩こりにならない状態ですね。


ま、途中に入れる休憩も大切ですね。

ぜひ、試してみてください。
試して気が付いた点があれば、ぜひ教えてくださいね~。



ロルフィングの詳細はこちらを
イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

  1. 2012/02/12(日) 21:11:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕内秀夫さん 講演会

今週、助産師会で開催された講演会に行ってきました。
講師は「粗食のすすめ」の著者、幕内秀夫さん。

最近の食卓事情に警告をならしています。
でも、幕内さんの講演会の好きだった点は、
「こうしなさい」「これはだめ」とは言わないことです。
P1300511 - コピー


「食生活は子どもに学べ」

幕内さんは子供の好き嫌いを直させません。推奨しています。

子供は本能で好きと嫌いと見分けています。
子供の嫌いな野菜といえば、ピーマンですが、ピーマンの完熟した色って何色ですか?
オレンジから赤に近い色です。 私たちが食べている緑色のピーマンは未熟の状態です。
野菜は未熟の青い状態だと、独特の苦みがあります。
私たち大人は、苦みを美味しく感じるように、何年もかけて舌を麻痺させてます。

たとえば、たばこのニコチン、コーヒーのカフェイン、チョコのテオプロミン、ビールのルブリンなど、
これって、大人が口にしていてかっこ良いなぁと思って、最初は美味しく感じなかったのに舌に慣れさせた人って少なくないんじゃないかな。

子供は本能で、この苦みを毒として、口から出すことが出来るのに、
油で炒めたり、砂糖をたくさん使われた調味料をたっぷりつけて、どうにか食べさせようとしている大人は
せっかくの子供の味覚を、もぎ取ってしまっているかもしれませんね。

「好き嫌いせずに食べる子が良い子」は、「大人の脳」が決めたことかもしれませんね。

子供は身体が必要としているものを、積極的に食べる気がします。
我が子も、ウ○チが硬くなってくると、食事より母乳を飲むようになったり、
発酵年数の長い(酵素の多く含まれた)お味噌に変えると、味噌汁ばっかり飲んだりと
自分で、身体とコミュニケーションを取りながら、
自分が必要なもの、不必要なものをきちんと理解している様な気がしてなりません。

また今回は食を学びに行ったつもりでしたが、
幕内さんが言っていた、「提案が無いなら言わない」「手の届かない提案はしない」
は、私がロルフィングで意識していたことにも重なっていました。

指摘だけで、提案が出来ないなら、言わない。それは身体も同じこと。
「ここの動きが悪いですね」ではなく「ここに意識を向けて動かすと、新しい感覚の動きですか」

やっぱり、全ての事って繋がっています。

笑いありの講習会楽しかったです。
最後に幕内さんと。(思ったより地味な方でした~)
P1300512 - コピー





もっと自由で、もっと楽な身体作り
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷・さいたま

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

  1. 2012/02/01(水) 23:19:53|
  2. 料理・食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然育児 小児科 真弓先生のお話

薬に頼らず、子供の力を引き出すことを大切にする小児科の真弓先生を囲んでお話を伺う「お茶会」に参加してきました。
P1200468 - コピー
数百人の人を招いて全国で講習会をする先生ですが、自然育児友の会ではたった数組の親子の為にお話を聞かせてくれます。先日は雪の日だったため、4組の親子で充実した時間。
P1200471.jpg

子供の鼻詰まりについて相談させていただきました。その時に先生から指摘させて点は子供の体温。
1歳の子チュンは36.5℃位が平熱ですが、先生曰く「このくらいの子は37℃、38℃なきゃだめだよ」とのこと。
最近の子供は体温が低いそうです。
その為に、電気製品の使用をなるべく控えることや、外の気温との温度差を5度前後に抑えること、子供に厚着をさせないなど、いくつかのヒントを頂きました。
いきなり全て実行することは難しいのですが、すこしづつ出来ることを実行したいものです。
長期戦で「子チュンの体温上昇計画!」
まず、横隔膜より下(特に下半身)を温めて上半身を薄着にしてみようと思います。
長期戦で見守っていこうと思います。

お茶会で出された、玄米餅のおしるこです。有機小豆と少しで甜菜糖で身体に嬉しいSweetsでした。
P1200470 - コピー





もっと自由で、もっと楽な身体作り
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷・さいたま

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

  1. 2012/01/23(月) 23:17:47|
  2. 妊娠・出産・育児
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供向けミニワークショプ行いました。

最初に提案したのは、震災直後でした。

震災時、子供を胸にかかえ裸足で外に飛び出しました。腕には力と緊張が入りっぱなし、鼓動は落ち着かない。こんな状況は子供にも十分伝わっているはす。

東京に居る子供でも、大きくはないのかもしれないけれど「被災者」なのでは?

そんな気持ちから、普段お世話になっている子育て支援センターのふたばひろばの先生に子供向けのワークショップの提案をしました。

緊張や恐怖は「呼吸」を浅くしたり、速めたりします。それも私たちの無意識下で。

そんな子供の呼吸に意識を向けることで、子供の変化を感じたり、少しの呼吸へのサポートをすることで、身体を通じて、安心感やリラックスを引き出せるではないかな。

ふたばひろばでも初めての試みだったので、なんだかんだと最初の提案から4カ月近くが経った今日、2歳児の会で無事に開催できました。参加者は少なめだったけれど、喜んでいただけました。「これなら家で出来る」といった声も。震災後の子供達の変化を聞かせてもらって、私も良い経験でした。子供を持つロルファーだからこそ出来ることがあるのだと思います。

子供がのびのびと育てる社会と環境を誰もが祈っています。


もっと自由で、もっと楽な身体作り
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷・さいたま

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

  1. 2011/11/12(土) 22:20:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長岡式酵素玄米

悩みに悩んで、ついに一式を購入いたしました。

始めちゃうぞ!長岡式酵素玄米。

最初の出会いは、助産院で。「何このもっちり感!これが玄米?」と感動いたしました。



講習会に出てみたものの、炊き方の手順の細かさや、儀式的(?)な流れ。

何よりこれを始める為の一式は、2升(20合)用の業務用保温ジャーや1升用の圧力鍋、

それを洗うための専用のボールやざる、泡だて器などなど・・・かさばる物が多いのです。
CIMG2902-1.jpg

あまり、物を持たずに生活する事が好きなので、この一式を抱えることは我が家には勇気がいりました。

でも、日本人はやっぱり米!主食ですものね。常に美味しいご飯があるって、なんか良いなぁと思い、そして子供の離乳食をこれでスタートしたいなぁと決意しました。



本当に、この酵素玄米は栄養が豊富なんですよ。面白いのが、炊いてから最低3日間は寝かせること。寝かせて酵素を豊富にさせてから食すのです。



色が変わって行く様子など、近いうちにUPします。


より楽に・・ より自由に・・ 身体を表現
ロルフィングスペース若葉 in 新宿区四谷・さいたま

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

  1. 2011/11/12(土) 22:16:02|
  2. 料理・食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。