ロルファー212のあんなことこんなこと ~日々の小さな楽しみを見つけよう~

Rolfingは身体へのコーチング。 身体と心は切り離すことはできない一体のもの。 まず、自分がどうなりたいかが大切。それに近づくことは何歳からでも出来るもの。そんな気持ちでRolfingをしています。ロルフィングの詳細は http://rolfing-wakaba.com まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

胎内記憶

本日、「胎内記憶」研究の第一人者の池川明先生の講演を聞きに行ってきました。

池上先生著書の「ママのおなかをえらんできたよ」「おぼえているよ。ママのおなかのなかにいたときのことを」を読んだことがあったので、直接先生のお話を伺えることはとても楽しみでした。

一番興味深かったのは、子宮の中から拾った音を聞かせてもらえたこと。
子宮の中の子供の心拍音は、実際自分が妊娠中にも聞かせてもらったことはありましたが、
こっちから聞こえる子宮の中の音では無く、逆に子宮内で聞こえる音です。

ザー とか トクン とかかなと思っていたら、
それ以外にもお母さんのハミングとか、話声が聞こえてくるんです。
こんなに聞こえていると分かったら、ちょっと引きました。
「やべっ、もっとやさしい声のトーンで話しかけるべきだったか?雑な言葉使いだったよな・・・」
ま、過ぎてしまったことはしょうがありません。

でも、お母さんの話しかけって、子宮の中ではこんなに気持ち良く聞こえてくるものなのかと
嬉しくなりました。
胎児はすでに五感が完成しています。視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚。
羊水という、安定した暖かい温度の中で気持ち良く育つ胎児は、
お母さんの話しかけや、機嫌の良いハミングを聞いて、聴覚からも気持ち良さを感じるんですね。

よく「三つ子の魂百まで」ということわざがありますが、昔はお腹の中にいた期間も1年と数える、
数え年を使っていました。その1年も心の豊かさを形成する大切な時期なのですね。

ロルフィングの詳細はこちらを
イキイキした身体づくり
ロルフィング若葉 in 新宿区四谷 ・ さいたま
スポンサーサイト

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

  1. 2012/03/29(木) 21:28:57|
  2. 妊娠・出産・育児
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログの引っ越し | ホーム | ロルフィングのセッションを垣間見る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rolfing212.blog99.fc2.com/tb.php/259-845c86ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。