ロルファー212のあんなことこんなこと ~日々の小さな楽しみを見つけよう~

Rolfingは身体へのコーチング。 身体と心は切り離すことはできない一体のもの。 まず、自分がどうなりたいかが大切。それに近づくことは何歳からでも出来るもの。そんな気持ちでRolfingをしています。ロルフィングの詳細は http://rolfing-wakaba.com まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年明けに生まれてきてね

昨日は、助産院のイベント「Enjoy Birth」に参加してきました。
1月出産予定の妊婦さんがゾロゾロと集まり、食事をしたり会話を楽しんで、
そして、助産婦さんたちにより「お産劇」を見てきました。

ただ、話で聞くだけでは、なかなか出産当日の様子はイメージが湧きにくいものですが、
この「お産劇」では、陣痛の始まり方から、電話するタイミング、助産院に入院する様子などを
と~ってもリアルに(痛そうに?)、演じてくれたのです。

また、陣痛の大きさや、子宮口の大きさ、胎児の降り方によって
助産師さんたちが、産む時の適したスタイルを決めてくれます。その数々のスタイルも演じてくれました。
(ここでは、畳の部屋で産むので、分娩台はありません。)

助産士さんが服の下に大きなパンツ(子宮)を履いて、胎児やへその緒、そして胎盤までSetし、
出産シーンをリアルに演じてくれます。 生まれたシーンなんてみんなで拍手!
出産当日の状況を再現するために、部屋も暖房をがんがん炊いて、暑い中で見守ります。
ふむふむと思えることが多かったなぁ。 そして当日に向けて体力を付けようと決意するのでした。

その後は、今まで助産院で厳しく、止めるように言われているケーキをみんなで楽しく食べるのです!!
ここまで努力してきた自分へのご褒美と、残りの妊娠生活を乗りきる為の楽しみとして。
この助産院で堂々とケーキを食べることが出来るなんて~
CIMG2083.jpg
実は、たまに食べていましたとは口が裂けても言えませんでした。
最後はみんなでエンジンを組んで、出産に向けて気合を入れるのでした。 はは。


そうそう、先週ロルフィングの10シリーズを終えたクライアントの方から、
素敵な贈りものを頂きました。

トートバックです。
赤ちゃんの用具を入れて持ち歩けるようにと、丈夫なキャンパス地。
CIMG2089.jpg
よく見ると、ポケットにウサギさんの絵が描かれています。
CIMG2090.jpg
これは、子チュンの予定日が1/3なので、子チュンの干支のうさぎを
クライアントさんの旦那さんが、描いてくれました。 かわゆい。
子チュンが間違えて、年末に出てきたら、寅年になってしまう。子チュン年明けまで我慢ですよ。



Rolfer212の、身体のバランスを整えて、気持ち良い身体作り
 ロルフィング若葉  - www.geocities.jp/niitsu212niitsu/

  


スポンサーサイト

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

  1. 2010/12/15(水) 22:50:35|
  2. 妊娠・出産・育児
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<妊娠中のロルフィング 10シリーズ 統合 | ホーム | 残りの妊婦生活>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rolfing212.blog99.fc2.com/tb.php/227-d9178f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。