FC2ブログ

ロルファー212のあんなことこんなこと ~日々の小さな楽しみを見つけよう~

Rolfingは身体へのコーチング。 身体と心は切り離すことはできない一体のもの。 まず、自分がどうなりたいかが大切。それに近づくことは何歳からでも出来るもの。そんな気持ちでRolfingをしています。ロルフィングの詳細は http://rolfing-wakaba.com まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妊娠中のロルフィング 10シリーズ 第7セッション

待ちに待った、第7セッションを受けました。

でも、前回の第6セッションを受けてから2週間ほど空いて、
私自身の日々重たくなる身体のバランスや、大きくなる胎児の変化の為か
なぜか、仰向けが落ち着かなくてしょうがなかったのです。

セッション台の上で仰向けになっていると、なんだか背中がゾワゾワするように感じて、じっとしていられない。
途中から膝を曲げてみても、やはり何だか居ても立っても居られない。

妊娠中のセッションは母胎もそうですが、それよりお腹の子の状態を考慮して行うことがとても大切です。
以前、妊娠初期にトム・シェイバーのワークショップに参加した際に、
全く何も感じられなくなった事がありました。 その時トムに
「あぁ、赤ちゃんがブロックしているよ。今日は十分なトリートメントを受けて、もういいって言ってるね。
今日は、ここまでにした方が良いよ」って言われたことがありました。

今回のセッションでは、最終的に横向きになり、やっと落ち着く事が出来、そこからはすぅ~と
深い意識に入って行きました。
私は、深層意識化にいたので、分からなかったのですが、私に施術してくれたロルファーが言うには、
本当に軽く軽く触れただけで、頭部や肩がピクピクというより、カクカクと大きくそして長く動いていたらしいです。自発的な反応がとても多かったらしいです。

インストラクターと相談の上で、今回のセッションは短めに切り上げて、やり残した部位は次回のセッションに行うことになりました。

正直、気持ち的な物足りなさや自分の身体が解放を求めるサインがまだ残っていますが、
セッションを受ける上で「安全」が一番のはずです。
胎児の状態やサインを一番の優先順位において、妊娠中はセッションを受けることが必須です。

夜、就寝時に、まだ仰向けで寝ることは出来るのに、セッション中は違うということや
2週間でここまで自分の状態が変化し、また胎児の自己主張もしっかりしてきたことは
また1つの大きな発見でした。




Rolfer212の、身体のバランスを整えて、気持ち良い身体作り
 ロルフィング若葉  - www.geocities.jp/niitsu212niitsu/






スポンサーサイト

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

  1. 2010/12/07(火) 09:38:33|
  2. ロルフィング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<産休に入ります。 | ホーム | 紅葉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rolfing212.blog99.fc2.com/tb.php/224-bceaa49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。