ロルファー212のあんなことこんなこと ~日々の小さな楽しみを見つけよう~

Rolfingは身体へのコーチング。 身体と心は切り離すことはできない一体のもの。 まず、自分がどうなりたいかが大切。それに近づくことは何歳からでも出来るもの。そんな気持ちでRolfingをしています。ロルフィングの詳細は http://rolfing-wakaba.com まで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妊娠中のロルフィング 10シリーズ

今週から、ロルフィングの10シリーズを受け始めました。
正確にいうと、連続のワークショップを受けて、その中で交換セッションをしています。

ロルファー(ロルフィングのプラクティショナー施術者)になっても、
ロルフィングを受けるのは、大好きです。

特に、ロルフィングの10シリーズ(10回で1コース)を受けた方は、
ポスト10といって、単発のセッションをすることも、多々ありますが、
私は、やはり受け手としては、単発のセッションよりも、
つま先から頭のてっぺん、そして深層から表層、と全体に変化が大きく出やすい
10シリーズを受けるのが、好きなんです。

実は、今回で人生4度目の10シリーズ。

その都度に、大きな変化が起きています。

でも、ロルフィングの一番面白い面は、「変わる準備」が出来ているところまでしか
変化が起きないという点でしょうか。 

どんなに口では変化を求めているといても、身体や心に変化を受け入れる準備が出来ていなければ
変化には、限りがあります。 

ロルフィングはクライアントを変化させることが目的ではなく、
クライアントの変化できる身体の「環境を整える・準備する」ことです。
施術者ではなく、クライアントが主役のボディーワークです。

今回のロルフィング10シリーズは、私とお腹の胎児の共同作業です。
いえ、私よりも胎児が主役です。

実は、以前受けたセッションで急に何も感じなくなったことがあったのです。
その時の講師の、トム・シェイバーが
「胎児は、お母さんを守ろうと、バリアを張ることがあるよ。
 その力が大きいと、施術をしようとしても弾かれることがある。
 今日は、胎児にとって、もう十分な施術を受けたから、今日はここまでにした方が良いね」
と、アドバイスをくれました。

その時から、私の身体が、自分だけの物でないことに気が付き、
もう1人の意見にも耳を傾ける、大切さを学びました。

今回の10シリーズでは、私が普段行う手技とは大きく違う、とても優しく軽いタッチで
変化を起こさせるというより、変化を導く手技を学んでいます。

日本で、唯一ロルフィングのインストラクター資格を持つ、田畑浩良さんのもと
胎児に優しいロルフィングが胎児と妊婦の身体にどのような良い変化が現れるのか、楽しみです。
約週に1度のペースで進めているので、随時報告させていただきます。

また、10/4(月)に朝日新聞に田畑さんのインタビューが掲載されました。
とても興味深い記事です。ぜひ、こちらもご覧ください



Rolfer212の、身体のバランスを整えて、気持ち良い身体作り
 ロルフィング若葉  - www.geocities.jp/niitsu212niitsu/
スポンサーサイト

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

  1. 2010/10/11(月) 00:03:09|
  2. ロルフィング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<妊娠中のロルフィング 10シリーズ 第2セッション | ホーム | 強行旅行 in Phuket>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rolfing212.blog99.fc2.com/tb.php/211-fad7eb40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。